16 : 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん : 2011/11/28(月) 11:10:37.05
おもろなってきましたがなぁああああああ(笑) 

調子こいて、オツムのネジが緩んだHFあたりが 
勘違いぶっこいて、円債空売りしかけてきたら、おもろなるでぇええええええ(笑) 

日本国債の空売りは1990年ごろにジュリアン・ロバートソンが仕掛けたことがあるんよ(笑) 
それを始まりとして 
多くの海外ヘッジ・ファンドが仕掛けてきよったもんやが、 
その空売りしかけてきたアホすべてが、大失敗をして大損こいてしばきまわされて巨額の赤字抱えて
沈められて笑いもんや(笑) 
いずれも日本の対外債務と個人金融資産を計算にいれなかったドアホの毛糖がケツの毛まで抜かれて 
しばきたおされとる(笑) 

だから怖くて空売りしかけてくるアホがいなくなってしまったんやな(笑) 
状況 
投機筋、いわゆるヘッジファンドの日本国債の空売り攻勢は止むことが無く、日本国債暴落の危機は続いた。 
そこで、最も威力のある時には日銀ディーリングルームから1億ドル単位の日本国債買い注文が、切れ目無く出された。介入枠が尽きると、日本円を刷りまくって介入資金とした。 

一日12兆円規模の日本国債買い介入は休み無く続き、徹底した押し上げ介入を実行、もってヘッジファンドの殆どを殲滅し尽くしたのである。この介入は、単に日本国債と日本人の預金を防衛する為だけではなく、実際にファンド殲滅という目的をもって実施されたものである。 

これにより、一説ではアメリカのヘッジファンド2000社が倒産し、自殺者・行方不明者が多数出たという。 
その後 
日銀は、買った国債をそのままにすることにした。 
「日本国民の借金」が388兆円程減り、日銀の資産と負債のB/Sが388兆円程膨らむ事となった。 


30 : 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん : 2011/11/28(月) 11:36:23.78
>>16 
日銀砲ネトウヨコピペ真に受ける奴w 

財務省の為替証拠金取引で日本国民は40兆円スッた 
過去の度重なる為替介入により、すでに100兆円ほどのドルのロング・ポジションが積み上がっており、 
すでに40兆円近い含み損を抱えているということ 

国民一人あたり約30万円で、すべての日本人が、FXトレードで30万円スッたと考えれば実感がわくだろう。 
一家4人で120万円程度だ。これらは当然、将来の税金で支払われることになる。 
また、FXはゼロサム・ゲームなので、これらの日本国民の損失は、 
海外のヘッジファンドなどの貴重な収益になったはずだ。 


アメリカのヘッジファンド2000社が潰れた確かなソース(笑)が示された例がない 
仮にそうだったとしても、情弱な中小HFが潰れただけだろう 
米国では、個人HFが毎年のように数千社潰れて、数千社産まれてるってだけの話。 
それを、2000社潰れたってことだけを強調するのがネトウヨの手口。 

それ以前にバカな話だが、当時の自民党政府筋がアメの犬だから、 
実は介入に際して逐次、米政府筋にお伺いを立てていたw 

だから、FRBにコネがある情強大手HFが損をする訳が無い。 
つまり、国民の税金40兆円が米HFに吸われただけだったということ、 
ネトウヨコピペにはそんな都合の悪いこと書かれ無いw 

円安が進まなかったんだから、その金がどこいったのか考えればわかるだろ? 
よく韓国の介入を笑えたよなw 

いい加減、日銀砲の幻想から抜け出す事が大切だな。 
実態を都合良く捻じ曲げるネトウヨコピペを真に受けることの愚かさを自覚すること 



※関連

【日銀砲】 
日銀上司「いいか、これから1分ごとに10億円づつ円売りドル買い介入を行う」 
日銀部下「1分ごとに10億円も?」 
日銀上司「そうだ1分ごとに淡々と売り続けるんだ。これから24時間売り続けるんだ。」 
日銀部下「24時間ですか?」 
日銀上司「そうだ。為替相場に終わりは無いんだ。もちろん交代要員も用意してあるが出来るだけ頑張ってくれ。」 
日銀部下「はー、、。でも1分間に10億円だと1日に1兆円以上の資金が必要ですが?」 
日銀上司「今、30兆円用意してある。当面はこれを使う」 
日銀部下「それを使い切ったらどうするんですか?」 
日銀上司「財務省が保有している200兆円もの米国債のうち、比較的短期のものを最大100兆円売って新たな介入資金を作る」 
日銀部下「米国債なんか売っちゃっていいんですか?」 
日銀上司「円売りで買ったドルで新たに米国債を買い、国庫に返還するので問題は無い。とにかく相手が折れるまで淡々と売り続けるんだ。休んだらヘッジの思う壺だ」 


これを35日間続けました。 
この結果アメリカのヘッジが2000社倒産しました。 
また、行方不明になったり自殺した人も大量にいました。 


 




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク